【ビジネスマナー】相手の会社の敬称は御社?貴社?銀行の場合、学校法人の場合、役所の場合などの使い分けについて

便利

ビジネスにおいて相手の会社を敬って呼ぶ際に、「御社」と「貴社」という2種類の言葉を見たことがあると思います。

何となく使い分けをされている方もいるかと思いますが、正しい使い分けを覚えてみましょう。

スポンサーリンク

御社と貴社の使い分け

御社(おんしゃ)・・・話し言葉で使うもの
貴社(きしゃ)・・・書き言葉で使うもの

御社と貴社は使う場所によって使い分けが正解。

ちなみに、「御社」「貴社」は敬語なので、「御社様」「貴社様」という使い方は二重敬語にあたるため誤りです。

相手が銀行の場合

銀行の場合は、御社・貴社は使いません。

「御行」「貴行」になります。

使い分けは御社と貴社と同じです。

相手が省庁の場合

省庁は「御省」「御庁」、「貴省」「貴庁」

となり、省か庁かで異なりますが、「御」と「貴」を頭につけて呼びます。

相手が学校・学校法人の場合

「御校」「貴校」となります。

学校名が○○学園の場合は「御学園」「貴学園」、○○学院の場合は「御学院」「貴学院」とも呼びます。

相手が病院の場合

「御院」「貴院」となります。

相手が信用金庫の場合

「御庫(御金庫)」「貴庫(貴金庫)」となります。

相手が市役所、区役所の場合

「御庁」「貴庁」となります。

「役所」ではなく「庁」が正解です。

相手が機構の場合

「御機構」「貴機構」となります。

相手が組合の場合

「御組合」「貴組合」となります。

相手がセンターや協会などの社団法人の場合

「御センター」「御協会」、「貴センター」「貴協会」となります。

とくに社団法人は会社と区別をつけるべきで、一般社団法人や公益社団法人は、営利社団法人である会社と違い、営利を目的としていません。そのため、通常の会社とは異なり、営利と非営利という違いがあるため、区別して敬称をつける配慮が必要になります。

さいごに

正しく相手の敬称をつけて呼ぶことで、相手も気持ちよくビジネスができます。間違った使い方は好まれないため、さまざまな呼び名を覚えて、正しく使用しましょう。

コメント