スマホのヘッダー固定広告を外す方法【Googleアドセンス】

ブログ運営

Googleアドセンスの自動広告はページに一つ貼るだけで自動的に適した広告を選んで表示してくれるので非常に便利です。アドセンス初心者の方にはまずは自動広告の導入をおすすめしたいです。そしてしばらく運用してみて、収益が大きい広告を自分で設定してみると良いですね。

スポンサーリンク

なぜヘッダー固定広告を外したいのか

スクロールしても常に表示されるので訪問者の目に付きやすいというのが特徴です。そのため収益に貢献できそうな気もするのですが、僕の運営しているいくつかのサイトでは、ほぼクリックはされていませんでした。

それどころか、ヘッダーに被さってしまうため、メニューリンクが押しづらかったり、トップページに戻るためのロゴリンクが押しづらかったりと、利便性の面であまりよくありませんでした。

そしてなにより、モバイルの広くないスペースがさらに狭くなってしまう!これは訪問者にとってデメリットでしかないなと思い、ヘッダー固定広告を外すことにしました。

自動広告の種類

自動広告には種類があり、設定画面で取捨選択が可能です。すべてオンにしても良いですが、注意すべきポイントがいくつかあるので、ご紹介します。

テキスト広告とディスプレイ広告

テキスト広告は、1つの広告見出しと1行か2行の広告文、1つのURLで構成されています。名前の通り画像を使わずテキストのみで表示される広告ですね。コンテンツに馴染みやすいのでクリックはされやすいですが、クリック単価が低めなことが多いです。

ディスプレイ広告は画像を1枚使用した広告で、ビッグバナー(728×90)、バナー(468×60)、スカイスクレイパー(120×600)など、いくつかの形やサイズが用意されています。見た目にもインパクトがあるため広告主には人気の広告のようで、クリック単価が高めなことが多いです。

2つのバランスが良く、収益性も高いので「テキスト広告とディスプレイ広告」の項目はオンにすることをおすすめします。

インフィード広告

インフィード広告はサイト内に自然に溶け込むように表示される広告です。記事の一覧や商品のリストなどに合わせて自動的にスタイルが調整されて、あたかもコンテンツの1つのように表示されます。

必ず左上に「広告」の文字が入っていますが、興味のある広告であれば訪問者はクリックしてくれるでしょう。広告広告していないので、サイトの閲覧に邪魔にならずに溶け込んでくれます。そのため、他の広告とバッティングせずに自然に広告を表示できるのでおすすめです。

現時点では、モバイルサイトのみ対象のようです。

記事内広告

記事内広告は、コンテンツ記事に溶け込むように設計された広告です。ページの段落と段落の間にネイティブ広告を表示します。コンテンツに合わせてスタイルが調整されるため、コンテンツの一部のように見えてクリック数の増加が見込めます。

広告内容もコンテンツに合わせて自動的に最適化されるため、高い収益が望めます。

関連コンテンツ

収益が向上することで有名な関連コンテンツも自動広告で選択できます。ただしアカウントが関連コンテンツ広告が使用可能になっている状態でないと表示はされないようです。残念。

関連コンテンツの解放の条件は明示されておらず、PV数やCVRなどがある条件に達すると関連コンテンツが使用可能になるようです。

関連コンテンツは、通常の広告と自分のサイトのGoogleが選んだ推奨コンテンツが一緒に並んで表示されます。訪問者に合わせて関連性の高いコンテンツが表示されるため、広告のクリック数や自分のサイトのPVなどの増加が見込めます。

現時点ではモバイルサイトのみ対象のようです。

まだ関連コンテンツが使用可能になっていなくても是非この項目はオンにしておくと良いです。

アンカー広告

アンカー広告は、画面の上下の端に固定されて表示されるモバイルサイトのみ対象の広告です。最初から表示されるのではなく、画面スクロールをすると自動的に表示されます。

今回のタイトルにある「ヘッダー固定広告」がまさにこれですね。

スクロールしても常に表示されるのでアピールとしては充分なのですが、クリック数があまり無かったのと、表示エリアの一部を占領してしまうため、オフにしました。

モバイル全画面広告

モバイル全画面広告は、モバイルサイトのみに表示されます。ページを訪れた時には表示されず、サイト内の他のページに遷移する時に表示されます。名前の通りモバイルの全画面を使って表示され、ユーザーはスキップも可能です。

広告表示サイズが大きいからかクリック単価は高めのようです。

またページローディングをまたずに表示されるので、ユーザーにとっての待ち時間に表示でき、コンテンツの邪魔にもなりません。

全画面に表示されるため、興味がない広告であればスキップしなければならず、ワンアクション必要になってしまうため、嫌うユーザーも多いようです。

ただし広告の表示頻度があまり高くないため、サイトの閲覧を邪魔する程ではありません。

モバイルでの閲覧が多いサイトにはおすすめです。

ヘッダー固定広告を外すためには

前述の自動広告の「アンカー広告」をオフにしてください。実際にサイトに反映されるまでに1時間程度はかかるので待ちましょう。

さいごに

ヘッダーの固定広告(アンカー広告)を外す方法と、各自動広告の種類についてご紹介しました。

一度設定して終わりではなく、レポートを見ながら色々設定変更してみてください。

それでは。

コメント