美人すぎるパーソナルトレーナーしかいないプライベートジム【EZIL】の口コミ・評判は?

【AWS】Route53でドメイン取得しLightsailに割り当てる方法【簡単】

【AWS】Route53でドメイン取得しLightsailに割り当てる方法【簡単】
Amazon Web Services(AWS)のRoute53でドメインを取得してLightsailに割り当てる手順をご紹介します。

みなさんこんにちは!
筋肉カメレオンです。

前回はAmazon LightsailでWordpressをインストールしたインスタンスを立ち上げるところまでご紹介しました。

Amazon Lightsailで激安アフィリエイトブログ環境を構築する【WordPress】

今回はその先で必要なドメインを取得して割り当てるところまでをご紹介します。

まずはドメイン取得

お名前.comでもドメインは取得できますが、Route53だと同じAWSのサービスなので、Lightsailの請求と合わせることができ、費用の管理がしやすいのでオススメです。

Amazon Consoleにログインし、「ネットワーキング & コンテンツ配信 -> Route 53」のメニューをクリックします。

取得したいドメインを検索

「Register domain」の欄に取得したいドメイン名を入力して、トップレベルドメイン(gTLD)(.comや.netなど)を選択します。

この際に年額の金額が表示されているので目安にしましょう。

そして「check」を押すと、入力したドメインが取得可能か検索してくれます。

今回検索した「hogehoge.com」は既に使用中のドメインだったようです。

その下に、hogehoge.cloudやhogehoge.coだったら取得できるよ、と候補が出ていますね。

候補から選んでも良いし、別のドメイン名を入力しても良いので、取得可能なドメインを選択して「Add to cart」でショッピングカートに入れましょう。

今回は試しに「hogehoge.ninja」をカートに入れてみました。(こんなドメインあるんですね)

1年契約から10年契約まで選べますが、今回は1年契約とします。

そして一番下にある「Continueボタン」を押します。

契約情報を入力

次に契約情報を入力するページになるので、名前や住所などを英語で入力します。

一番最後の「Privacy Protection」を「Enable」にすると、Whoisなどのドメイン情報を表示するサービス等で自分の情報を表示させずにAmazon名義にしてくれるので、特別理由がなければ、Enableを選択しましょう。

※画像が切れちゃっててゴメンナサイ

入力が終わったら一番下にある「Continue」ボタンを押して確認画面を開きます。

規約を読んで(Google日本語翻訳を使うと便利です)問題なければ、「I have read and agree to the AWS Domain Name Registration Agreement」にチェックを入れて「Complete Purchaseボタン」を押すとドメイン購入完了です。

購入が完了すると、左メニューの「Pending request」の画面に先程購入したドメインが表示され、「Domain registration in progress(ドメイン登録処理中)」というステータスになります。数時間待つと「Registered domains」のほうに新規ドメインが表示されるようになります。

これでドメイン登録が完了です。

Lightsailのインスタンスに割り当てる

それでは取得したドメインをLightsailのインスタンスに割り当てます。

Lightsailのロードバランサーに割り当てる方法もありますが、今回はインスタンスにそのまま割り当てます

まずLightsailの画面を開きます。

上記の画面では既にドメイン割り当て済みですが、ドメイン未割り当てのインスタンスのパブリックIPアドレスをコピーします。

Route53のメニューに戻り、「Registered domains > 取得したドメイン」とたどり、「Manege DNS」ボタンを押します。

「Create Hosted Zoneボタン」を押して取得したドメインを入力し、「Createボタン」を押します。

作成されたレコードをクリックして、「Create Record Setボタン」を押します。

2つ登録をします。

まずは1つ目。「hogehoge.ninja」でアクセスできるようにします。

Name:空欄
Type:A – IPv4 adress
Alias:No
TTL(Seconds):300
Value:先程コピーしたLightsailインスタンスのIPアドレス
Routing Policy:Simple

上記設定で「Createボタン」を押します。

続いて、下記のように登録します。

Name:www
Type:CNAME – Canonical name
Alias:No
TTL(Seconds):300
Value:hogehoge.ninja
Routing Policy:Simple

こうすることで、「hogehoge.ninja」へのアクセスはIPアドレスへ、「www.hogehoge.ninja」へのアクセスは「hogehoge.ninja」へと流れるようになり、URLを統一できます。

URLの統一はアクセス解析時など色々メリットがあるので、この設定をオススメします。

これでドメインの割り当てまで完了しました。

あとはドメインの浸透に少し時間がかかるので、数時間後にブラウザでドメインを叩いてみて、ちゃんとアクセスできるか確認しましょう。

Route53は英語の設定画面なので戸惑うかもしれませんが、初心者でも必要最低限で登録できちゃうのでまずは触ってみてください。

それでは。

ブログ運営カテゴリの最新記事