筋トレ初心者は高負荷よりも中負荷で継続したほうが良い【継続はチカラなり】

筋トレ
これから筋トレを始めようとしている初心者の方へアドバイスします。高負荷で無理をするよりも適度な負荷で継続することが大事です。

みなさんこんにちは!
筋肉カメレオンです。

僕自身、筋トレ歴1年くらいなのですが、そろそろ脱初心者ができたかなぁと思うので、実体験に基づくアドバイスをさせていただきます。

スポンサーリンク

初心者がいきなり高負荷がダメな理由

初心者はまだ身体ができあがっていない状態です。そこにいきなり高負荷をかけると身体を壊します。激しい筋肉痛にもなるでしょう。

激しい筋肉痛の時は筋トレは控えた方がよいので、2,3日は休むことになります。

すると次に筋トレすることが億劫になってしまいます。

トレーニングジムに通ってたとすると、足が遠のいてしまう結果になります。

初心者はまずは低負荷から始める

初心者の方はまずは低重量から始めてフォームを覚えるところからスタートすべきです。

ダンベルならダンベルカールやダンベルフライ、そのほか腕立て伏せなど身体に無理なくできるものから始めるべきです。

そしてできれば毎日継続すると良いです。

筋トレを始めて2,3日は軽い筋肉痛になるかもしれませんが、その程度であれば気にせずトレーニングして大丈夫です。

1ヶ月も立たないうちに、低重量では物足りなくなってくるはずです。

その段階で少し負荷を上げます。

次は無理なくできる重量を見極める

ダンベルなら10kgから始めたとしたら、20kgのものに挑戦してみましょう。

10kgと20kgでは全然負荷が異なるのがわかると思います。

10kgの時と同じメニューはこなせないと思います。

そこで、少しづつ重量を落としていって5回〜10回(5rep〜10repといいます)ができる重量を見極めて、その重さでしばらく筋トレを続けます。

この時、自宅トレなら重さを調整できるダンベルがあるとよいですね。

この時気をつけたいのが、「ダンベル20kgセット」のように、セットと書いてあるものはたいてい「10kg×2個」で20kgということなので、今回のように1つで20kgが欲しい場合は、「40kgセット」もしくは、「1つ20kg」のものを購入しましょう。

20kgのダンベルは初心者にとってはかなり重さがあるので、これで1年くらいは持つと思います。

さいごに

筋肉痛にならないギリギリが一番、筋肥大やシェイプアップに良いのではないかと思います。

そして長く継続すること、これをまずは初心者の方にオススメします。

ではまた。

コメント