ドラマ集団左遷に出てくる岩盤浴はどこ?竜泉寺の湯 草加谷塚店・横濱鶴ヶ峰店

スポンサーリンク
おすすめ
福山雅治主演のTBSドラマ 集団左遷!!のロケ地となった岩盤浴のお店について調べてみました。
結果からお伝えすると、竜泉寺の湯の草加谷塚店と横濱鶴ヶ峰店でした。

『集団左遷!!』(しゅうだんさせん)は、TBS系日曜劇場で、2019年4月21日から放送されているテレビドラマです。主演は福山雅治さん。原作は江波戸哲夫が著した経済小説『新装版 銀行支店長』と『集団左遷』(ともに講談社文庫刊)です。「平成最後の日曜劇場」と銘打っているとともに「令和最初の日曜劇場」となります。

スポンサーリンク

集団左遷!!あらすじ

福山演じる主人公の銀行員・片岡洋(かたおか・ひろし)は、理不尽なことだと分かっていても、飲み込んで、我慢して、「会社で生き残るためだ」そう考えている“the サラリーマン”。だが、部下や仲間の頑張りにほだされてしまう情に熱い男でもある。

片岡はある日、50歳を目前にして支店長への昇任人事を受ける。その喜びもつかの間、赴任先は廃店が決定している「蒲田支店」だった。上層部からは、「廃店が決まっているので頑張らなくて大丈夫です。無事廃店の際には本部に戻し優遇いたします」という特例を受ける。人生で初めて「頑張るな」と言われ片岡は困惑する。しかし、廃店になることなど知らない支店員たちを前に「頑張らなくてもいいよ」とも言えず、自分の立ち位置に葛藤し、部下たちの頑張りを目の当たりにし、「このままでいいのか」と思い悩んでいく。片岡はドラマの主人公としては決して強くない、自分の立ち位置や見え方なども気にする年齢の、どこにでもいるような50手前の「普通」のサラリーマンなのだ。その男が、ドラマの中でどのように成長していくのか、注目です。

そして、片岡の異動先である蒲田支店の副支店長・真山徹(まやま・とおる)を香川照之が演じる。真山はどこか掴みどころのないような男。常に笑顔で、全てを見透かしているような真山の扱いに片岡は苦労する。ああ言えばこう言う、常に上手で返してくる真山だが…。

岩盤浴シーンのロケ地

福山雅治さん演じる支店長の片岡が岩盤浴で幼なじみに悩みや愚痴をこぼすシーンが登場します。そのドラマロケ地が『竜泉寺の湯』の岩盤浴となっています。

その店舗は、竜泉寺の湯の草加谷塚店と横濱鶴ヶ峰店です。

毎回どちらかの店舗にて撮影が行われています。福山雅治さんが利用した岩盤浴をぜひお試しください!

コメント