2018年買って良かったおすすめのKindle本6選【ビジネス本】

スポンサーリンク
書籍
スポンサーリンク
2018年に買って良かったKindleのビジネス本をご紹介します。

みなさんこんにちは!
筋肉カメレオンです。

Kindle Paperwhite で通勤中に読書をしています。通勤時間が2時間なので時間はたっぷりあるのですよね。。

今年2018年に購入したビジネス本をご紹介します!

スポンサーリンク

戦略プロフェッショナル[増補改訂版]/三枝 匡

日本企業に欠けているのは戦略を実戦展開できる指導者だ。新しい競争のルールを創り出し、市場シェアの大逆転を起こした36歳の変革リーダーの実話をもとに、改革プロセスを具体的に描く迫真のケースストーリー。
(Amazon 内容紹介より)

企業の戦略や価値などをストーリー仕立てで学べる良書。合間に著者の体験談を挟みつつストーリーとしても面白く一気に読める。

経営パワーの危機 会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫) /三枝 匡

変革をリードできる人材がいない。社員に危機感がない。崩壊寸前の組織を立て直し、先端企業として復活させた若き戦略型経営者の実話に基づく迫真のストーリー。人材を育て、会社再建をマネジメントする真髄を説く。
(Amazon 内容紹介より)

商売の基本サイクルをストーリー仕立てで学べる良書。三枝さんの本は面白くてとても為になる。

カラー版 マンガでわかる 事業計画書のつくり方 /渡辺 政之

★★この1冊で起業がわかる!★★ 起業、新規事業を成功に導く事業計画書のつくり方をマンガでイチから学べます。マンガで流れをつかんだあと、解説ページでしっかり覚えられる実用的なレイアウト。事業計画書の知識が深まります。
“役立つ”ダウンロード可書式付き!!!
(Amazon 内容紹介より)

マンガと侮るなかれ。基本的な事業計画書の書き方を学べるので、初心者にはおすすめ。カラーなのでiPhoneのKindleアプリで読破しました。

リーダーはじめてものがたり /播摩 早苗

アホやなぁ、あんたみたいなリーダーがみんなのブレーキになっとんやで。念願のチーム長になったキイチ。だがチームに乗り込んだ彼を待っていたのは、反感剥き出しのメンバーたちだった…。頼みの綱はおっさん(恩師、ただし女性)がくれる的確すぎるアドバイス。キイチはチームをまとめ、成果を上げることができるのか!?不機嫌な上司、気の利かない部下に悩むすべてのビジネスマン必読。
(Amazon 内容紹介より)

初めてリーダーになる方に参考になるストーリー仕立ての話。こちらも面白くてサクサク読める。

全員経営 ―自律分散イノベーション企業 成功の本質 /野中 郁次郎、勝見 明

JAL、ヤマト運輸、セブン&アイ――V字回復・高収益企業の共通点は、社員1人ひとりの自律的思考にあった――。「ハイパフォーマンスを生む現場」の共通点を探る。
「世界的にも全員経営が求められ、注目されるようになってきた背景にあるのは環境の大きな変動、そして、知識こそが唯一の意義ある経営資源となる知識社会の到来です。市場の変化が加速し、複雑化し、不確実性や不透明性が増すなかで、今、企業は戦い方の大きな転換を迫られています。
すなわち、戦力の大きさで競争相手を圧倒する消耗戦から、一人ひとりが「知的機動力」を発揮する機動戦への転換です。それはまさに、全員経営のあり方そのものです。」(まえがきより)
混乱や困難に直面すると、全員の力で乗り越えようとするDNAが日本人には埋め込まれている――リーマンショック、東日本大震災を経て、そのDNAを呼び覚まし、全員経営や衆知経営のあり方を取り戻して、弱体化した組織能力を高めていくときが今きている。日本各地で取材を重ねた著者らが、全員経営に向けた組織のあり方、マネジメントの仕方、仕事への取り組み方について、具体的な事例を通して重要ポイントを指摘。
個人の経験主義から全員が仕組みで動く風土に変革し復活した無印良品、社員の管理を極力排除し内面的動機付けで高収益を上げ続ける未来工業…「全員経営」で成功を遂げた企業の組織形態や人材育成法を、ドキュメンタリー形式の「物語編」と、経営講義形式の「解釈編」で詳細に解き明かす。
企業改革を担う経営幹部層はもちろん、ミドルマネージャー層とその予備軍にぜひ読んでもらいたい1冊。
(Amazon 内容紹介より)

実際の企業を例に挙げて講義形式で進む。区切りが良いので読みやすいし実例なので説得力がある。

戦略参謀 /稲田 将人

紳士服チェーン「しきがわ」の営業マン高山昇は、陰謀家の阿久津専務の逆鱗に触れ、新設の経営企画室に異動に。
だが、高山は持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木とコンサルタントの安部野の助力を得ながら、社長の補佐役として成長。
社内の地雷を踏みまくりながら経営改革に取り組姿を描くビジネスストーリー。
(Amazon 内容紹介より)

こちらもストーリーもの。合間に解説もありテンポよく読める。普通に小説として楽しめた。

さいごに

こうしてみるとストーリー仕立ての本が多いですね。

小説風なので読みやすく、サクサク読めて楽しみながら勉強にもなるのでオススメです。

ではまた。

コメント