美人すぎるパーソナルトレーナーしかいないプライベートジム【EZIL】の口コミ・評判は?

愛犬の長生きのためにはドッグフードだけでは栄養不足?獣医師が選ぶサプリとは

愛犬の長生きのためにはドッグフードだけでは栄養不足?獣医師が選ぶサプリとは

愛犬でお悩みのことはありませんか?

  • 毛並みに艶がなくてパサパサ
  • 寝ている時間が増えてきた
  • 食糞をやめない
  • 便臭、口臭、体臭が臭い
  • やたら体をかいている
  • 立ち上がるときにヨロヨロする

上記の症状はただの老衰ではなく、日々の食生活が原因かもしれません。

食生活はヒトも犬も同じように大切なものです。

愛犬の食生活を見直して健康で長生きさせてあげましょう。

\ 愛犬の健康のために! /

/ 食生活を見直そう! \

犬の一日に必要な栄養素とは

犬が一日に必要な栄養素を見ていきましょう。

  • たんぱく質
  • カルシウム
  • 脂肪
  • ビタミン
  • ミネラル

たんぱく質

毛、皮膚、爪、筋肉、腱、靭帯、軟骨等を作るアミノ酸を供給するのがたんぱく質。ホルモンや免疫物質生成の材料にもなります。

多くのドッグフードには動物性と植物性の二種類のたんぱく質が入っています。

動物性たんぱく質にはすべての必須アミノ酸が含まれています。一方、植物性の穀類のたんぱく質は一部のアミノ酸の含有量が少ないです。

アミノ酸は22種類あり、動物の生命活動にはこれらすべてのアミノ酸が必要になるのですが、犬では12種類(非必須アミノ酸)は体内で作り出すことができます。残りの10種類(必須アミノ酸)は食事から摂取するしかありません。

食事中のたんぱく質の役割は大きく分けて二つです。必須アミノ酸を供給することと、非必須アミノ酸を体内合成するための窒素源を供給することです。

カルシウム

カルシウムは健全な骨の発育と維持のために極めて重要な栄養素であり、カルシウムとリンをバランスよく摂取する必要があります。

乳製品のほか、哺乳類、鳥類、魚類の骨に含まれており、通常、骨粉の形でペットフードに加えられています。ブロッコリーやキャベツなどの野菜も、適度にカルシウムを含んだ供給源です。鉱物塩としては、炭酸カルシウム、硫酸カルシウムおよびリン酸カルシウムなどが用いられます。

体内のカルシウム量の調節はリンと密接に関係しています。食事中のリンの制限はカルシウムの吸収を増加させます。

脂肪

脂質は、たんぱく質や糖質とともに3大栄養素と呼ばれ、生命維持や身体活動に必要なエネルギー源です。健康な成犬の食餌であれば、脂肪の含有量の目安は約10-15%ほどと言われています。

脂質の主な働きはエネルギーになることです。非常に効率良いエネルギー源である脂質は、糖質やたんぱく質の2倍以上のエネルギーを供給できます。犬の食餌に使用される脂肪は消化しやすく、たんぱく質や糖質に先んじて身体がエネルギーとして使います。

ビタミン

ビタミンはごく微量の摂取で、体内の物質代謝を円滑にするために必要な成分の総称です。現在発見されているビタミンは20種類以上あり、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分けられます。

ビタミンAの最もよく知られている働きは視覚のための機能です。網膜の中でビタミンAはオプシンと呼ばれるたんぱく質と結合しています。光があたるとこれが分解され、その情報が脳に伝達されて視覚が生まれるのです。視覚の維持にはビタミンAの供給が必要です。

ビタミンB群はいろんな代謝を調整しています。食欲にも関係し、正常な生育に不可欠です。ビタミンDは、カルシウムとリンの吸収・利用の調整役で、骨・歯の形成をコントロールしています。“骨のビタミン”とも呼ばれています。

ミネラル

ミネラルとは動物の体を構成する元素のうち、酸素・窒素・炭素・水素を除いたもの全てをいい、動物の体内には自然界にあるミネラルの全てが存在すると言われています。

ミネラルにはカルシウムやリンなど、体内に比較的多く存在する「主要ミネラル」と、鉄や亜鉛などのように量が少ない「微量ミネラル」があります。

ミネラルはそのままの形で体内に吸収されます。ミネラルの体内吸収には、ミネラル同士の摂取バランスが関係するため注意が必要です。

ミネラルの栄養素としての役割は、骨など体の構成成分、細胞内外の水分の移動やpHの維持、含硫アミノ酸などの有機成分を作ることです。

犬が不足がちな栄養素とは

ミネラルやカルシウムなどが犬たちに不足がちであるとされています。
そのため、自作のドッグフードを作る時はもちろん、販売されているフードを購入する場合にも、この二つの栄養素については十分に気をつけたいですね。

どうしても市販のドッグフードでは、犬にとっては害になりかねない炭水化物が多量に含まれていたりとバランスが悪くなってしまいがちです。
そのため、今はバランスなどをよく考えられたフードや、手作りのドッグフードが注目されてきています。
愛犬の健康維持のためにも、ドッグフードにはとにかくこだわっていきたいものです。

犬は運動も大切

犬は運動することが必要な動物です。毎日運動することでストレス解消や肥満の防止になりますし、散歩や運動を一緒にすることがコミュニケーションやしつけの一環になります。

朝夕それぞれ30分~1時間は散歩に行くのが理想です。適量はその子によって違いますが、運動が少ないとストレスからイタズラをしたり無駄吠えをする可能性があります。また、ドッグランなどで思い切り走れる機会もあるといいでしょう。ただし、心疾患や関節疾患など、生まれつきの病気がある場合には激しい運動は避けてください。

犬の定期検診を受けよう

早期発見や早期治療、病気の予防にもつながるので、健康寿命をのばすためにもなるべく健康診断を受けさせましょう。

定期健診は1年に一度、10歳以降は半年に一度がおすすめです。動物と人間の年のとり方の違いを考えると、決して多すぎるということはないでしょう。

健診を忘れないよう、犬の場合は狂犬病予防注射やワクチンの時期など、毎年決まったタイミングで受けさせる飼い主さんが多いようです。

獣医師が選ぶ愛犬のためのNo.1サプリメント PLUSWAN(プラスワン)

どんなに愛犬の健康に気遣っていても、なかなかすべてを完璧にすることは出来ません

そんな時におすすめなのが、獣医が愛犬と共に開発したふりかけサプリ、PLUSWAN(プラスワン)です。

\ 愛犬の健康のために! /

/ 食生活を見直そう! \

ドッグフードだけでは必要な栄養が足りていない

人間と同じように愛犬の健康は日々の食生活で変わります。市販のドッグフードだけでは、実は愛犬の健やかな毎日に必要な栄養素が足りていないのです。

そのため、腸内環境のバランスが乱れやすくなります

腸内環境の乱れはさまざまな病気の原因に

腸内環境の乱れを放っておくと、消化機能・吸収機能・排泄機能などの低下を招きがち。とくに、栄養吸収能力が落ちると免疫力が下がり、さまざまな健康上の問題を引き起こす原因になります。

そのため、病気にかかる愛犬がとても増えているのです。

腸内環境を整えるだけで解決できます

PLUSWAN(プラスワン)には、腸内の良い菌と悪い菌のバランスを整えるチカラがあります。獣医が愛犬の健康な腸内環境を考慮しながら開発したサプリです。

愛犬のお腹にすむ菌のバランスが保たれることによって、健康状態が良好になり、いきいきとした毎日を過ごせるようになります。

獣医師が選ぶランキング3冠を達成!!

愛犬用のサプリメントは安全なものを選びたいですよね。

PLUSWAN(プラスワン)は、獣医師にもお墨付きのサプリメントなので安心してご利用いただけます。

  • 獣医が選ぶ「愛犬に飲ませたいサプリ」No.1
  • 獣医が選ぶ「効果満足のあるサプリ」No.1
  • 獣医が選ぶ「繰り返し使いたいと思うサプリ」No.1

PLUSWAN(プラスワン)の効果

犬はもともと肉食に近い雑食動物です。雑食ではありますが、犬の腸は人の腸と比較すると短いので、体内に野菜やフルーツを消化する酵素を持っていません。

野菜やフルーツを食べても、自分の力では消化・分解できないので、その中に含まれるビタミンやミネラル、繊維質といった栄養素を上手に吸収することができません。

こうした栄養素はドッグフードだけでは不足しがちです。PLUSWAN(プラスワン)のような腸内環境をサポートするサプリで効率的に補うと良いでしょう。

PLUSWAN(プラスワン)の成分

約90種類以上の栄養素!奇跡の木「モリンガ」を配合しました。
モリンガとは、インドを原産とするワサビノキ科の植物です。人に対してもスーパーフードとして世界から注目を集め、美容や健康のために多く利用されています。

なんと90種類以上の栄養素が含まれており、腸内環境を整え、お腹のすっきり感をサポート。

46種類以上の抗酸化物質、とくにビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランスよく含まれているのが特徴です。

PLUSWAN(プラスワン)がおすすめのワンちゃん

幼少期から腸内環境を整えることで、代謝が活発な成犬期も筋肉や骨格をしっかりと維持できるようになります。そのため、代謝が落ちていくシニア期になっても愛犬の活力を守るサポートができるのがPLUSWAN(プラスワン)です。
生涯をとおして愛犬の丈夫なカラダを守ってくれるでしょう。

体調が悪くなってからではなく、健康な幼少期、成犬期にこそ、まずは30日間使ってみることをおすすめします。

👇こちらの記事もどうぞ
【食欲の落ちた老犬でも】犬用ふりかけで足りない栄養素をプラス【たくさん食べてくれる】

よくあるご質問

サプリメントは間違って与えると身体に悪いとよく言われていますが?

犬のサプリメントにも色々な種類があります。
ただ、特定の成分(カルシウム、ビタミンなど)のみのサプリメントを大量に与えると、全体のバランスを崩し、結果的に身体に悪い影響を及ぼす場合があります。
初めてのサプリや健康維持を目的とするならば、サプリメント自体が、栄養バランスを考えた配合になっているものが良いでしょう。

効果はどのくらいででてきますか?

これは、それぞれわんちゃんで非常に差があるため、一概にはいえません。
ただ、サプリメントはお薬ではないので、ほとんどの場合、即効性はありません。
時間をじっくりかけて、体質を改善してくれるものなので、その変化は徐々にあらわれてくる場合が多いようです。
したがって、すぐに効果がでないからといって止めてしまわず継続して使うことが大切です。

公式サイトからの定期購入なら初回限定割引に!

ワンちゃんの食べやすさを重視しており、いつものゴハン/ドッグフードにふりかけるだけなので、錠剤のサプリと違って、食いつきが落ちる心配もありません。

公式サイトからの定期購入なら初回限定30日分お試し無料キャンペーン実施中です!

定期購入は心配、という方の為にも単品購入も可能です。

「コンビニ」「郵便局」「銀行」「LINEpay」「クレジットカード」でのお支払いが可能です。

ぜひ愛犬の健康をお気遣いの方はお試しください。

\ 愛犬の健康のために! /

/ 食生活を見直そう! \

おすすめカテゴリの最新記事