美人すぎるパーソナルトレーナーしかいないプライベートジム【EZIL】の口コミ・評判は?

たった2週間で肉体改造!スーパー筋トレ法をご紹介します【マッチョ】

たった2週間で肉体改造!スーパー筋トレ法をご紹介します【マッチョ】

たった2週間で肉体改造!スーパー筋トレ法をご紹介します

引き締まった身体!盛り上がった筋肉!

男性ならそんな身体に憧れますよね。

夏までになんとか痩せる!と目標を立てても、なかなか思うようにはいかない方も多いと思います。

そこで今回は、「たった2週間」で効果の出るスーパー筋トレ法をご紹介します。

8月までにまだ間に合いますよ!

女性にもおすすめで、身体を引き締めてバストアップ効果も期待できるのでお試しください!

重点的に鍛えるべきは大胸筋

2週間という短期間で大きく効果をあげるためには、身体の中でも大きい筋肉を鍛えるのが良いです。

一番大きいのは下半身、特に太ももですが、あまり目立たない部分でもあることと、なかなか鍛えづらい筋肉のため、今回は除外します。

次に大きい筋肉こそ、重点的に鍛えるべき筋肉になります。

それは、「大胸筋」です。

大胸筋が鍛えられていると全体的にボリュームが出る

大胸筋は大きめの筋肉なので、鍛えるとすぐに効果が見た目に現れてきます。

また、大胸筋は人の目線に近いところにあるので、一番目立つ部位になります。

そのため、大胸筋を特に鍛えるべきです。

大胸筋を鍛えることで姿勢が良くなる

日本人は猫背の人が多いですよね。

でも大胸筋が発達すると自然と胸を張るようになるため、姿勢が良くなります。

胸を張ることで大胸筋もさらに大きく見せることができるので、短期間でもより効果が出やすいです。

大胸筋を大きくすると、ぽっこりお腹もごまかせる

盛り上がった上半身。

人の目が上半身に集中することで、多少のぽっこりお腹を誤魔化すことも可能です。

何より発達した大胸筋に隠れてしまうため、見た目の印象も大きく変わります。

必須アイテムはプッシュアップバー

それではどのように大胸筋を鍛えるべきなのでしょうか。

大胸筋の筋トレは自宅でも可能です。
でも必ず用意して欲しいものがあります。

それは「プッシュアップバー」です。

大胸筋を鍛えるには、自宅でも行える腕立て伏せをおすすめします。

腕立て伏せの時にプッシュアップバーが有ると無いとではかなり効果に差が出ます。

プッシュアップバーを使用して腕立て伏せをすると、通常の腕立て伏せよりも、深く筋トレをすることができます。

筋トレ頻度は毎日!

たった2週間で効果を出すためには、毎日筋トレを行なってください。

必ず筋肉痛になると思いますが、気にせずガンガンやっちゃってください。

そのかわりに、次に説明する栄養素を必ず摂り、傷ついた筋繊維を積極的に修復させてあげてください。

たんぱく質を多めに摂取

筋トレを行うと、その部分の筋繊維が傷つき、それを自己修復する際により強くなり、筋肉のボリュームがアップします。

サイヤ人と同じですね。

筋肉の修復に必要な栄養素は「たんぱく質」です。

大豆製品や肉や魚、卵などに含まれているので、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

1日に必要なたんぱく質は、体重×1.5gと言われています。

例えば体重が70kgの人であれば、105gが必要になります。

なかなか食事で1日に105gのたんぱく質を摂ることは難しいので、食事に加えてプロテインを摂ることをおすすめします。

筋トレ後に必ずプロテインを摂取

プロテインとは、日本語で「たんぱく質」のことです。

肉や魚だとたんぱく質に加えて脂質が含まれているため、必要量のたんぱく質を摂取しようとすると、過剰な栄養摂取でカロリーオーバーになってしまう恐れがあります。

そのため、純粋なたんぱく質であるプロテインを摂ることをおすすめします。

筋トレ後、数時間以内にプロテインを摂取すると良いです。


ビタミンを多めに摂取

さらに、急激に筋トレをすることで、筋肉痛になり体力も低下して体調が悪くなりがちです。

そのため、ビタミンも合わせて摂取すると良いです。

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンCなどいろいろありますが、「マルチビタミン」が一番良いですね。

どこのドラッグストアでも、最近はコンビニでも購入できるので30日分で構いませんので必ず取り入れてください。

たった2週間でも頑張れば結果がついてくる!

上記の方法で2週間みっちり鍛えることで、あなたがもし普通の体型であれば必ず結果がついてきます。

騙されたと思って2週間試してみてください。

大事なのは、

  • 必ず毎日大胸筋の筋トレを行う
  • たんぱく質を多く摂る
  • ビタミンを多く摂る

この3つです。

2週間後、身体が見違えているはずです。
あとはそれを継続するだけ。

2週間たったらあなたなりの筋トレ方法を見つけて、あなたにあった筋トレを行ってください。

まずは2週間。続けることが大切です。

それでは、良い筋トレライフを。

ダイエット&筋トレカテゴリの最新記事