最新コミックが600円分無料で読める<U-NEXT>

Chrome標準機能でウェブサイトのパフォーマンス計測する方法【便利】

スポンサーリンク
Web
Google Chrome 60から、DevTools で Lighthouse による新しい Audits パネルが搭載されています。これまで拡張機能が必要だったサイトパフォーマンス計測が標準機能で実施できます。

みなさんこんにちは!
筋肉カメレオンです。

Google Chromeの標準機能で閲覧中のウェブサイトのパフォーマンス計測ができることをご存知でしょうか。

Lighthouse は、ウェブページの品質向上に役立つよう開発された、オープンソースの自動化されたツールです。 サイトのパフォーマンス、アクセシビリティ、プログレッシブ ウェブアプリ(PWA)対応状況などについての確認でき、サイトの品質を向上させるための具体的な対策を提示します。

スポンサーリンク

パフォーマンス計測方法

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. パフォーマンス計測したいウェブサイトを開きます。
  3. どこでも良いので右クリック -> 検証をクリックします。
  4. 一番右の「Audits」をクリックします。
  5. 一番下の「Run audits」ボタンをクリックします。
  6. パフォーマンス計測が開始されます。
  7. 結果が表示されます。

標準機能でお手軽にパフォーマンス計測できるので便利ですね。

パフォーマンスはSEOにも影響があるので、数値が低い方は色々見直してみると良いでしょう。

あなたにおすすめ!
Webアフィリエイト
スポンサーリンク
筋肉カメレオンをフォローする
筋肉カメレオン

コメント