美人すぎるパーソナルトレーナーしかいないプライベートジム【EZIL】の口コミ・評判は?

ウェブサイト運営者が知っておくべきマーケティング手法と役立つツールを一挙公開

ウェブサイト運営者が知っておくべきマーケティング手法と役立つツールを一挙公開

こんな方におすすめの記事です。

  • Webサイト(ブログ、アフィリエイトサイト)になかなかアクセスが集まらない!
  • Googleアドセンスにようやく合格したけど、ぜんぜんクリックされず稼げない!
  • アフィリエイト広告からの収益が少ない!
  • 自社サイトの運用を任されているが、何をしたら良いかわからない!

上記でお悩みのかたは、一度「Webサイトのマーケティング手法」について学んでみましょう。

マーケティングを知らずにサイト運用を行うということは、

『極寒の地で全裸で凍えながら、なぜつらいのか、わかっていないようなもの』

漫画ハンターハンターより

です。

【耳より情報!】
手っ取り早くマーケティングスキルを身につけるなら、「テックアカデミー」の「Webマーケティングコース」を受講することをおすすめします。

なかなか1人では短期間で実践スキルを身につけることは難しいです。

テックアカデミーなら、パーソナルメンターがつくブートキャンプなので、週2回マンツーマンでのメンタリング、毎日19〜23時のチャット・レビューサポートで短期間でWeb広告のプラン二ングと運用ができるようになります。

効果的なWeb広告出稿を行い、Webサイトを成長させられるようになることがゴールという学習プログラムなので、短期間でマーケティングスキルが身につきます!

Webマーケティングとは?

「Webマーケティング」とは、インターネットを活用したマーケティング手法のことです。

マーケティングとは・・・
商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称。市場活動。販売戦略。
Wikipediaより

主にWebサイト内での施策や外部Webサービスを利用して実施します。

Webマーケティングの目的はWebサイトによってさまざまです。

  • Webサイトのアクセスを集めたい
  • Webサイトで商品を売りたい
  • サービスを利用してほしい
  • 問い合わせ件数を増やしたい
  • ブランドイメージの向上をしたい

それぞれ目的は違えど、インターネットを活用して集客し、目的を達成するということには違いはありません。

Webマーケティングってその道のプロしかできないんじゃないの?

そんなことはありません。

Webマーケターのような専門家ではなく、一般のブロガー/アフィリエイターでもWebマーケティングは実施することができます。

それでは具体的に、どのような「Webマーケティング手法」があるのか、それぞれ「ツール」とともにご説明しますね。

集客のための施策

Webサイトへの集客(アクセスを集める)のための施策です。

まずはこれがないと始まりません。

実際の店舗であれば、道を通る人が興味を持ってあなたの店に訪れてくれるかもしれませんが、Webサイトは異なります。

住所(URL)を知らないユーザーがあなたのWebサイトに訪問するすべがまったく無いのです。

「まずみんなに知ってもらう」ことが最低限必要になります。

  • SEO
  • リスティング広告
  • アドネットワーク
  • SNS広告
  • ソーシャルメディア対策

SEO

これはWebサイト運営者ならよく聞く言葉だと思います。

SEO・・・Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)

Webサイトへの流入は、大きく分けると以下の3つになります。

  • 検索エンジンからの流入
  • SNSからの流入
  • その他からの流入

そのうち、1つ目の「検索エンジンからの流入」のための施策が「SEO」になります。

検索エンジンは、ユーザーの悩み(入力したキーワード)を元に、ユーザーの求める答えが掲載されているであろうWebサイトを自動で選定しユーザーに表示します。

検索エンジンの仕組みを理解し、検索エンジンが読みやすく、ユーザーにも為になる記事作成を心がけましょう。

検索結果の順位はクリック率に大きく影響があります。

・ 1位 21.12%
・ 2位 10.65%
・ 3位 7.57%
・ 4位 4.66%
・ 5位 3.42%
・ 6位 2.56%
・ 7位 2.69%
・ 8位 1.74%
・ 9位 1.74%
・ 10位 1.64%
※引用元:Google Organic Click Through Study | Whitepapers by Internet Marketing Ninjas

検索結果の1ページ目に表示されたとしても、1位と10位では12倍ものクリック率の差が開いてしまいます。
検索結果の上位に表示されることがどれだけ重要かがわかりますね。

SEOには大きく分けて2つの手法があります。

  • ブラックハットSEO
  • ホワイトハットSEO

ブラックハットSEO

検索エンジンの穴をついて検索順位の上位を狙う手法のことです。

昔はページ内に関係ないキーワードを詰め込み、それを検索エンジンに拾わせるという方法が横行していた時期がありました。

今はそのような方法は逆に検索エンジンの評価を下げてしまうので無効になっていますが、それでも検索エンジンは機械なので必ず穴があるため、そこをついて検索順位を操作する人もいるのです。

もちろんイチかバチかのギャンブルなので、リスクが高い方法です。

ホワイトハットSEO

ブラックハットに対して、正攻法でSEO対策を行うことをホワイトハットSEOといいます。

  • ページ内に自然にキーワードを盛り込む
  • 適切なサイト内リンクを増やす
  • Meta要素を適切に設定する

などの方法が主なものになります。

SEO対策は集客の基本になるので、必ず意識してサイト運営を行いましょう。

SEOツール:検索順位チェックツールGRC

SEOツールで有名なのが、「検索順位チェックツールGRC」です。

ボタン一発ですべての検索キーワードの順位を調査してくれます。

直近の順位変化はもちろん、 過去の全ての順位変化も、グラフ表示で一目瞭然。
実施したSEO対策の内容をGRCのメモ機能で記録しておけば、 順位グラフ上でメモを閲覧できます。
その前後の順位変化から「検索順位がなぜ変わったのか」を視覚的にとらえることができます。

無料版GRCも使用できますが、有料版の項目数の制限解除ライセンスを購入することも可能です。

まずは無料版で試してみて、その便利さを実感してください。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索キーワードに応じて検索エンジンの検索結果に表示される広告のことです。

「検索連動型広告」とも呼ばれ、ユーザーがクリックするごとに課金される(PPC:Pay Per Click)のがその特徴です。

ドメインレベルが弱かったり、競合サイトのSEOが強すぎたりしてなかなか検索結果の上位に表示できない場合でも、リスティング広告を利用すると検索結果の一番上に表示させることもできます。

簡単にいうと「検索結果の順位をお金で買う」というものです。

当然他の人もリスティング広告を出すことができるため、優先して表示されるかどうか、一番上に表示されるかどうか、などはその広告掲載にどれくらい費用をかけるか、になります。

広告費とクリック数、さらにはそこからの成果発生のバランスを見て広告出稿を行う必要があります。

リスティング広告での集客にとても有効なのが「ペラサイト」です。

ペラサイトとは、1ページから数ページのサイトのことで、ページ数も少なく更新頻度も低いのでSEO的にはなかなか育てることができません。

そのため検索流入を狙うのであれば、リスティング広告で集客することになります。

一日数百円から広告出稿でき、クリック数を稼ぐことができますが、ある程度資金に余裕があったほうが効果は高いでしょう。

ただ競合がいないニッチなキーワードであれば、サイト立ち上げから検索結果上位に表示できるため場合によっては立ち上げから1ヶ月以内でそこそこ稼ぐことも可能です。

リスティング広告ツール

2019年8月現在、リスティング広告は「Google広告(旧:Google AdWords)」一択です。

2019年6月3日までは、「Yahoo! プロモーション広告」もリスティング広告として有効でしたが、現在「アフィリエイトサイト」を含む“成果型報酬サイト”の広告掲載を原則不可となっているため、実質、ブロガーやアフィリエイターは使用できなくなってしまいました。

Google広告の広告出稿のためのキーワード選定にとても役立つのが、「Googleキーワードプランナー」です。

過去の検索ボリュームやおすすめのキーワードなどを調べることができます。
リスティング広告だけでなく、SEOキーワードを調べるためにも活用できます。

アドネットワーク

アドネットワークとは、複数の広告媒体(Webサイトやソーシャルメディア、ブログ等)を集めて広告配信ネットワークを作り、それらの媒体に広告をまとめて配信する仕組みのことです。

アドネットワークを利用することによって、様々なWebサイトやソーシャルメディア、ブログを『ひとつの媒体』とした広告出稿ができるため、より多くのトラフィックが見込めます。

また、アドネットワーク業者に掲載前後の処理を一括して任せられるため、業務効率化も図ることが可能です。

アドネットワークツール

Google AdSenseやYahoo! ディスプレイアドネットワーク(YDN)などが有名ですね。

これらに広告出稿することで、検索サイトの検索結果だけでなく、さまざまなWebサイトやブログから集客することができます。

SNS広告(ソーシャルネットワーキングサービス広告)

リスティング広告にも似ていますが、こちらのSNS広告は、SNS(Facebook,Twitter,Instagram,LINE)に広告を出稿することで集客する方法になります。

現在、SNSはインターネットユーザーの約6割が活用しているとも言われ、検索結果よりもSNSはユーザーの身近なものになるので、目に触れる機会は多くなります。

スマートフォンの普及に伴いSNS利用者数が急増し、SNS広告が注目されるようになっています。

必ずそのSNSごとのガイドラインを守り広告出稿するようにしましょう。

SNS広告ツール

「Facebook広告マネージャ」は、Facebook社が運営している「Facebook」と「Instagram」の広告管理を行うことができます。
リアルタイムの広告レポートが見られるので、状況に合わせて臨機応変に対応が可能です。

「Twitter広告マネージャ」は、5ステップの簡単設定で広告キャンペーンを開始できます。
ビジネスの成長を促進・広告配信の対象設定を確認・フォロワー数を増加・Twitterを最大限に活用することができます。

「LINE Ads Platform」は、LINEが幅広い年齢層に利用されているため、他媒体ではリーチが難しいユーザー層へのアプローチも可能です。
また、ユーザーの「アクティブ率の高さ」も特長です。

ソーシャルメディア運用

こちらはSNS(ソーシャルメディア)自体を活用して集客する手法です。

SNSには趣味嗜好が似た人が集まるため、「シェア」や「いいね」などでユーザーを利用した拡散がされやすいです。

またSNS上のキャラクターを作るなどでバズらせる(急に注目を浴びる)こともできるため、これからの時代ではかなり効果の高い手法になります。

ソーシャルメディア運用ツール

ソーシャルメディア運用ツールを2つご紹介します。

「SocialDog」は、Twitter 運用に必須のツールが満載で、効率よくフォロワーを増やしたい方や、Twitter アカウントの毎日の運用を省力化したい方におすすめです。
無料プランで始めることが可能ですが、制限があるため、より本格的にTwitter運用に取り組みたい方は、「¥780 / 月〜」の有料プランを活用してみてください。

「Social Insight」は、Facebook、Instagram、Google+、Twitter、YouTubeなどに対応した、マルチ運用ツールです。
ソーシャルメディア運用に必要なクチコミ分析、SNS効果測定、レポート作成、投稿配信といった面倒な作業をサポートしてくれます。

再訪問施策(リピート施策)

再訪問施策とは、リピーターを増やしファンになってもらうことで定期的な集客が見込める手法です。

新規顧客だけでは安定した集客は難しいため、リピーターを増やすことで、定期的な訪問とシェアなどによる副次的なSNS集客が見込めます。

再訪問施策は主に下記の2つがあります。

  • リターゲティング広告
  • メールマーケティング

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、インターネット広告の配信方式のうち、広告主のWebサイトを訪問したことがあるユーザーの行動を追跡し、他サイトの広告枠上で同じ広告主の広告を表示させることで、再度の訪問を促す方式のことです。

主にCookieを使用してユーザーとその行動履歴を追跡します。

あなたも一度訪れたサイトの広告がどのサイトに行っても表示される、ということは無いでしょうか。

リターゲティング広告は、Webサイトにアクセスしながら離脱したユーザーを「見込み客」と見なして、再度呼び込む方式であると言えます。

初回訪問時はコンバージョンに結びつかなかった場合でも、興味を持っている可能性は高く、見込み客として絞り込めば少ない露出でも高い効果が期待できます。

リターゲティング広告ツール

リターゲティング広告ツールは、アドネットワークと同様の下記2つになります。

リピーターにターゲットを絞った、コストパフォーマンスの高い広告形態のため、大きな成果が見込めます。

メールマーケティング

メルマガで購読ユーザーに対して定期的に情報発信して集客するマーケティング手法です。

メルマガ購読をするほどのあなたのファンであれば、更新のたびに集客させることもできます。

ただし、有益な情報を配信しつづけないとメルマガ購読解除されてしまうため、一定の品質を保ったまま継続させることが必要になります。

メールマーケティングツール

メールマーケティングツールは2つご紹介します。

メール配信システムのスタンダード「メール商人」は、メールマーケティングを実践するのに必要な機能をオールインワンで備えたメール配信システムです。
『メール配信・ステップメール・入力フォーム』の基本機能を中心に、一括予約配信、セグメントメール、パーソナライズメール、HTMLメール、メール配信後の効果測定、CRM機能、お誕生日・記念日メールなど、メールマーケティングを実践する上で必要な機能をほとんど備えています。
無料で30日間全ての機能をお試しできます。

「お名前.com メールマーケティング」は、顧客の属性にあわせた効果的なメールマーケティングの実施が可能なメール配信システムです。
通常のメール配信機能はもちろん、メールの配信先となる顧客属性の設定や配信後の効果測定、定型メールを指定のタイミングで自動配信する「ステップメール機能」といった、メールマーケティングに必要な機能を備えています。

接客対応

サイトに訪れてくれたユーザーに対して「おもてなし」することでPV数やリピーターになってもらう数を増やす手法です。

接客対応は実際の店舗や対面営業では必須のものですが、Webサイトでも同じく重要なものです。

主に下記の3つの手法があります。

  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(エントリーフォーム最適化)
  • Web接客

LPO(ランディングページ最適化)

LPO(Landing Page Optimization ランディングページ最適化)とは、サイト訪問者のコンバージョンを上げるために、ページの構成や内容などを工夫することです。

訪問者が情報へ辿りやすく導く手法と、訪れたユーザーによって情報を出し分ける手法があります。

どのようなユーザーに対して、どのような行動を取ってもらいたいかを分析して設計すると良いでしょう。

LPOツール

LPOツールは本記事では2つご紹介します。

「どこどこJP」は、エリアターゲティングを活用することで、ユーザの位置情報に応じてWebサイト上の情報を最適化すること、つまり、「位置情報」を軸にしたLPOが実現できます。
また、Googleアナリティクスと連携することで、さまざまな分析が可能になります。

「User Insight」は、PC・スマホ・タブレット向けWebサイトでのユーザー行動をヒートマップで可視化できるので、Webサイトのユーザーインターフェイスを簡単に改善できます。

EFO(エントリーフォーム最適化)

EFO(Entry Form Optimization エントリーフォーム最適化)とは、入力の手間を減らし、より短時間で正確に入力完了できるようにユーザに合わせて入力フォームを最適化する手法のことです。

ユーザーになにかを入力してもらう、ということはなかなかハードルが高く、ストレスをなくしモチベーションを維持させないと離脱してしまいます。

入力項目が増えれば増えるほど離脱率はあがるので、不要な項目は取り除くようにしましょう。

EFOツール

EFOツールは2つご紹介します。

「ナビキャスト フォームアシスト」は、入力補助機能だけでなく、分析画面で課題点を可視化したり、業界別専門コンサルタントのサポートが受けられます。
コンバージョン率を改善したい方は、ナビキャスト フォームアシストでコンバージョンの最大化を目指すことができます。

「EFOcats」は、タグを入れるだけでフォームを1画面1質問の形に変えられることができます。
豊富な入力支援、離脱防止機能を完備し、フォームの訪問数、離脱率、完了率、所要時間といったフォームの成績レポートを期間別、項目別、デバイス別で確認できます。
簡単に導入でき、フォーム最適化でコンバージョンアップが見込めます。

Web接客

web接客とは、特定の商品を見ている人に他の商品をお勧めしたり、在庫が切れそうであれば「残りわずかです」と声をかけたり、タイムセールが始まったら告知をしたりするなど、店舗では当たり前に行われている接客のような体験をWeb上でも実現するのが、Web接客です。

最近はWebサイトからチャットでリアルタイムにメッセージが送れるものを見たことがあるかたもいると思いますが、それもWeb接客にあたりますね。

ユーザーが知りたい情報をユーザーの状況に合わせて提示してあげることで、コンバージョンを上げる手法になります。

Web接客ツール

Web接客ツールは3つご紹介します。

「KARTE」は、来訪者のあらゆるデータとあわせて情報を解釈し、サイトに訪問中の「いまこの瞬間」の状況をリアルタイムに可視化します。
視覚化された顧客の行動・感情は、さらにその先を予測可能なものへと変えていきます。
可視化した顧客に対して「適切なアクション」を「適切なタイミング」で行います。
ポップアップ表示や要素の書き換え等のウェブ接客や、メール、LINE、チャットに加え、アプリでのポップアップやチャット、プッシュ通知も可能です。

「Flipdesk」は、サイト訪問者を自動で分析訪問者が「どこから来たか」「何を見ているか」「過去に何を買ったか」などの情報を自動で収集。
メッセージ、バナー、クーポン、チャットなど、ひとりひとりの状況に合わせて最適な接客を行います。
接客のパターンは、管理画面から簡単に設定できて、リアルタイムでサイトに反映。
結果はすぐにレポートで確認できるので、高速で改善サイクルを回すことができます。

「b→dash」は、サイトに訪れた顧客の、デモグラフィックデータや行動情報を元に、適切なタイミングでバナーを表示しクーポン配布や告知、カゴ落ちリマインドなどのアプローチを行うことが可能です。
UI/UXにこだわるb→dashだからこそ実現できる、直観的で簡単な設定で、サイト閲覧者へのきめ細やかなアプローチ、顧客体験を実現します。

効果測定

Webサイトを運営するのであれば、効果測定を行うことは必須です。

何故なら、ともすると運営側の思い込みだけで運営してしまい、誰にも見向きもされないサイトに陥ってしまう可能性があります。

必ずユーザーの反応を確認し、それがズレているなら何故ズレているかを分析、軌道修正することが大切です。

効果測定の手法は主に下記の3つです。

  • アクセス解析
  • ヒートマップ
  • ユーザーテスト

アクセス解析

Google Analytics(Googleアナリティクス)が有名ですね。

無料で利用でき十分な機能を備えているので、ほぼ全員が利用しているのではないでしょうか。

一見難しそうですが、実際にチェックするべきポイントは限られているので下記の書籍などを参考にすると良いでしょう。

アクセス解析ツール

さまざまなアクセス解析ツールがありますが、「Google Analytics」を導入しておけば間違いありません。
合わせて「Google Search Console」も導入しましょう。

ヒートマップ

ヒートマップとは、ページ内のユーザーの行動(どこまでスクロールしたか、どこが良く読まれているか、どこをクリックしたか)をサーモグラフィーで可視化できるツールを用いた分析手法です。

アクセス解析ではページ単位でしかユーザーの行動が分析できませんが(どこをクリックしたかはイベントを仕込めば取得できます)、ページ内の行動を分析したいのであればヒートマップは最適です。

例えばサイドカラムの広告が全く見られていないことがわかれば、メインカラムに移動させてみるなど、細かくレイアウトや順番など調整してコンバージョンを上げることができます。

ヒートマップツール

ヒートマップツールは前述の「User Insight」が使いやすくておすすめです。

ユーザーテスト

ユーザーテストとは、実際にユーザーにサイトを閲覧してもらい、わかりにくかったところや良かったところなど感想を聞き、サイト改善に役立てる手法です。

自分以外の人に見てもらうことで、思いもよらなかったことがわかったりするので、とても役立ちます。

家族や友達にサイトを見てもらい、その様子を隣で見るというだけでも簡易的なユーザーテストになります。

ユーザーテストツール

「ユーザテストExpress」は、URLとテスト目的、ユーザ条件を指定するだけでスタートできます。面倒な準備も専門知識も一切不要です。
アンケートに基づいて「本当のユーザ」を選んでテストを実施するため、動画と発話による強力な納得感を得られます。
ご依頼は1回5000円(1名分)から。たった5000円で、成果向上に役立つ有益な発見を得られます。

「UIScope」は、「高品質なユーザーテストを最も安く・早く・簡単に」をコンセプトに、ユーザーがサービスを使っている様子を動画形式でお届けする、1,000社以上が導入したユーザーテストサービスです。
ユーザーテストの結果を、動画・音声・アンケートなどで知ることができます。

さいごに

代表的なWebマーケティングの手法とそのツールをご紹介しました。

本気でWebサイトで稼ぎたいならマーケティング技術は必須スキルになります。

サイトを始めたは良いけど全然稼げない、、という方はマーケティングをしていますか?

初心者向けの書籍もたくさん出ているので、何冊か読んでみることをおすすめします。

月額480円からの高速LiteSpeed採用クラウドレンタルサーバー
初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net


ブログ運営カテゴリの最新記事