美人すぎるパーソナルトレーナーしかいないプライベートジム【EZIL】の口コミ・評判は?

児童手当の支給日はいつ?金額は?必要な手続きをご紹介します

児童手当の支給日はいつ?金額は?必要な手続きをご紹介します

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭で、「児童手当(子ども手当)」はきちんと受給していますか?

毎月のもらえる金額を少額に感じるかもしれませんが、育児にはお金がかかるものなので、児童手当はとても助かります。

本記事では、児童手当の申請方法から金額、気になる疑問などをご紹介します。

児童手当はいつからもらえる?

児童手当とは、児童を育てる保護者に対して、主に行政から支給される手当のことです。
児童手当法」によって詳細が定められています。

日本政府は児童手当を支給することで、国民の生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に役立てることを目的としています。

それでは、児童手当はいつから受給できるのでしょうか。

児童手当は0歳から受給できる

子どもが生まれたとき、出生後15日以内に申請が必要となります。
申請後翌月から受給可能な為、最速で出生月の翌月から受給することができます。

ただし、月末に子どもが生まれた場合、児童手当の申請が翌月になってしまうことがあります。
そんな時は、特例による救済措置が実施されるので、ご安心ください。
「15日特例」という制度で、月末の出産や引っ越しなどにより、申請が翌月になってしまった場合に限り、「15日特例」が承認されれば出生月翌月からが支給対象となり、翌々月に振り込まれます。

児童手当は何歳までもらえるの?

児童手当が支給されるのは、0歳から中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)となります。
原則として、子どもが日本国内に住んでいる場合に支給されます。
ただし、留学のために海外に住んでいる場合でも、要件を満たせば支給されます。

児童手当の支給額はいくら?

児童手当はどれくらいの金額が支給されるのでしょうか。

  • 0歳~3歳未満:月15,000円
  • 3歳~小学校修了前:月10,000円
  • 中学生:月10,000円

たとえば0歳の出生月の翌月から受給したとして、中学校を卒業するまでに最大合計198万円(※所得制限がない場合)をもらえることになります。

  • 0歳〜3歳:12ヶ月×3年×15,000円=54万円
  • 3歳〜12歳:12ヶ月×9年×10,000円=108万円
  • 13歳〜15歳:12ヶ月×3年×10,000円=36万円

合計198万円(4月生まれの場合)

子どもが二人目までは同額ですが、三人目になると金額が変わってきます。

  • 0歳~3歳未満:月15,000円
  • 3歳~小学校修了前:月15,000円
  • 中学生:月10,000円

3人目だと「3歳~小学校修了前」が月5,000円アップします。

児童手当はどこに申請するの?

児童手当は、子どもの養育者である親などが住んでいる市区町村の自治体に、期限までに申請をする必要があります。

詳しくは各自治体のWebサイトからご確認ください。

児童手当はいつまでに申請するの?

児童手当を申請するタイミングは下記の3つです。

  • 子どもが生まれた時
  • 引っ越しして他の市区町村に住所が変わった時
  • 公務員になったとき、公務員でなくなったとき

子どもが生まれた時

子どもが生まれた日の翌日から15日以内に、各自治体に申請する必要があります。
子どもが生まれたあと、出生届と合わせて申請すると申請漏れがなくなりますよ。

引っ越しして他の市区町村に住所が変わった時

転入した日(転出予定日)の翌日から15日以内に、各自治体に申請する必要があります。

公務員になったとき、公務員でなくなったとき

公務員の方の児童手当は勤務先から支給されます。
そのため申請手続きも基本的には勤務先に対して行いますが、公務員になったとき、あるいは公務員でなくなったときは、その翌日から15日以内に、各自治体に申請する必要があります。

児童手当は申請しないと支給されることはありません。
特に引っ越しなどは忘れがちなので気をつけましょう。

児童手当をもらうための手続きとは

児童手当をもらうためには、まずはお住まいの市区町村に「認定請求書」を申請する必要があります。
申請には、以下の資料提出が必要です。

  • 認定請求書※
  • 本人確認書類
  • 健康保険証
  • 請求者名義の金融機関の口座番号が分かるもの
    など

※認定請求書は各自治体の窓口やWebサイトからダウンロードできます

どのような書類が必要となるかは各自治体へ事前に確認してみてください。

認定されると、認定通知書が送られてきます。

児童手当の支給日はいつ?

児童手当は6月、10月、2月に前月分までの分がまとめて支払われることになります。
つまり、6月には2月から5月までの、10月には6月から9月までの、2月には10月から1月までの児童手当が支給されます。

児童手当は申請月の翌月分から支給となります。

6月、10月、2月に前月分までの分がまとめて支払われます。

  • 10月(6~9月分)
  • 2月(10~1月分)
  • 6月(2~5月分)

各支給時期の支給日は10日頃に指定の金融機関の口座に振り込まれます。
市区町村によっては窓口において直接手渡しする場合があります。

児童手当を受給中に毎年提出するもの

児童手当が支給されている間は、毎年6月に「現況届」という報告書のような届け出を提出しなければなりません。

現況届は提出の時期になると各自治体から郵送されてきます。

窓口で提出するか、郵送で提出するかを選ぶことができます。

現況届の提出を忘れてしまった場合

各自治体のWebサイトには、「6月末日の提出期限を過ぎると6月以降の児童手当は支給されません。」と書かれています。

ですが実際には、現況届の提出期限を過ぎた場合、6月以降(10月支給)の支給は一旦ストップされるだけで、現況届を提出すれば、児童手当の支給は再開されることになっています。

未支給の分も、さかのぼって受給することができますのでご安心ください。

ただし、2年を過ぎた児童手当は時効となり、受給することができなくなりますのでご注意ください。

児童手当の所得制限とは

児童手当を受け取る人の扶養親族等の数に応じて所得制限限度額が設定されています。

所得制限限度額は、児童手当を受け取る人の前年(1月~5月分の手当の場合は前々年)12月31日時点での税法上の扶養親族等の数に応じて設定されており、具体的には以下のとおりです。

扶養親族等の数:所得制限限度額

  • 0人:622万円
  • 1人:660万円
  • 2人:698万円
  • 3人:736万円
  • 4人:774万円
  • 5人:812万円

所得額が所得制限限度額以上の場合、児童手当は支給されませんが、児童手当の代わりに特例的な給付として、児童の年齢・人数に関係なく、児童1人につき手当が月額5,000円支給されます。

所得から控除できる額とは

所得制限限度額を計算するとき、下記の金額は地方税法上の所得額から控除することができる。

  • 一律控除(社会保険料等相当額) 80,000円
  • 普通障害者控除 270,000円
  • 寡婦(夫)控除 270,000円
  • 勤労学生控除 270,000円
  • 特別障害者控除 400,000円
  • 寡婦特例控除 350,000円
  • 雑損、医療費、小規模企業共済等掛金控除 各控除額に相当する実額

控除することで所得制限の対象にならない場合があるので、良くご確認ください。

児童手当の振込口座を変更したい

振込口座を変更するには、「口座振替依頼書」を提出してください。

各自治体のWebサイトから様式をダウンロードするか、窓口で受け取れます。
受給者でない方(配偶者や子どもなど)の名義に変更することはできません。
子どもが2人以上いる場合でも指定できる口座は1つです。

また、支払日直前の変更の申し出の場合は対応できない場合があるので注意しましょう。

母子家庭の場合には、さらに児童扶養手当も受給できる

児童扶養手当とは、父母が何らかの理由(主に離婚)によって、子供を一人親で養育していく場合に、各自治体から支給される手当のことです。

満20歳未満の子ども1人につき、月42,000円が支給されます。
(児童2人なら月47,000円、児童3人なら月50,000円となり、以後は児童1人について月3,000円支払われます)

  • 児童手当:月15,000円
  • 児童扶養手当:月42,000円

で合計、月57,000円ももらえる場合があるのです。

これは利用しないと損ですね!

月57,000円というと、

  • 57,000円÷時給900円=約63時間
  • 63時間÷7時間=9日

つまり、時給900円のパートで1日7時間働いたとして、9日間働いた時と同等の金額が、自動的に支給されるということになります。

児童扶養手当の支給日とは

支払時期は以下のとおりです。

  • 4月(12月分・1月分・2月分・3月分)
  • 8月(4月分・5月分・6月分・7月分)
  • 11月(8月分・9月分・10月分)
  • 1月(11月分・12月分)
  • 3月(1月分・2月分)

児童扶養手当には、所得制限があるので各自治体のWebサイトか窓口までお問い合わせください。

さいごに

児童手当は、子育て中のパパママにとってはとても助かる制度です。

最大15年間受給できますので、必ず申請するようにしましょう。

育児カテゴリの最新記事