美人すぎるパーソナルトレーナーしかいないプライベートジムの口コミ・評判は?

【解決】「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示されお困りの方へ

ブログ運営

Google Search Consoleで、

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」

と表示されてお困りの方へ、本記事をお届けしますね。

スポンサーリンク

Google Search Consoleとは

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。

Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

アフィリエイトサイト、ブログサイトを運営されている方であれば、必須のツールになります!

Google Search Console
スポンサーリンク

該当のメッセージが表示される場所

「カバレッジ」というメニュー内で「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示される場合があります。

「カバレッジ」とは、Google検索に正常にインデックスされているかどうか、インデックス状況を確認することができる機能です。

この画面で「有効(インデックスされている)」と表示されるのに、該当のメッセージが表示される場合があります。

インデックスされているのに、サイトマップに送信されていない??

これはどういう状態なのでしょうか。

スポンサーリンク

サイトマップXMLとは

サイトマップXMLとは、ウェブサイト運営者が検索エンジンに、サイト内でクロールすべきURLを教えるための方式を規定するものです。

サイトマップXMLは、当該サイトにおけるURL全てをリストした、XMLファイルとして提供し、ウェブサイト運営者は各URLに付加的情報として、最終更新日時や更新頻度、他のURLとの相対的な重要度を加えたりできます。

つまり、サイト内の更新状況を含めたファイルとなり、検索エンジンがサイトマップXMLをクロールすると、そのサイト内の状況が変わっていれば、各ページを検索エンジンがクロールし、インデックスが更新されます。

スポンサーリンク

サイトマップに登録されないとどうなるか

検索エンジンがサイトマップXMLをクロールしたとしても、そのサイトマップXML内にページのURLが含まれていないため、「更新された」と判断されず、クロールされない、ということになります。

更新しても、検索結果に表示されないのであれば、SEOもなにもなく、検索流入が絶望的になりますよね。

でもご安心ください。

スポンサーリンク

サイトマップXMLでURLを送信することは必須ではない

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」というメッセージが表示された場合、インデックスされている状態だが、サイトマップXMLでURLを送信していない、というステータスをあらわすものとなります。

ただ、上記のステータス状態はとくに問題ありません。

Google検索の検索結果に、作成したページを表示する上で、インデックスされることは必要な条件となりますが、サイトマップXMLでURLを送信することは必要な条件ではありません。

インデックス カバレッジ レポート – Search Console ヘルプ

該当ページのURLで、Google検索した際に、検索結果にそのページは表示された場合、そのページは問題なくインデックスされていることをあらわします。

あなたのサイトがGoogleにインデックスされていれば、定期的にクロールされるので、待っていればいつかは新しいページもインデックスされます。

でも公開したら1秒でも早く検索結果に表示させたいですよね。

そんな場合は、Google Search Consoleの「URL検査」で該当のURLを入力し、「インデックス登録をリクエスト」から手動で更新させることができます!

ただ更新リクエストをしてすぐに更新されるわけではなく、数分〜数時間のタイムラグがある場合がありますが、明示的に新しいURLをリクエストできるので、サイトを更新したら、インデックス登録をリクエストする、という流れを習慣づけると良いでしょう。

スポンサーリンク

Googleにインデックスされているか確認する方法

さて、インデックス登録リクエストをしたは良いですが、どうやって検索結果に表示されているかを確認するのでしょうか。

とても便利な機能が用意されています。

Google検索画面で、「site:サイトURL」で検索してみてください。

例)site:https://kinchame.com/2902/

そうすると、該当のURLが検索結果に表示されたらどのように表示されるのかがわかるようになります。

「site:」はURLを限定して、Google検索する方法です。

スポンサーリンク

さいごに

Google Search Consoleで、「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示されて焦る方もいらっしゃると思いますが、「site:」で該当URLを検索した場合に検索結果に該当URLが表示されるようであれば、無事にインデックス登録されているので、ご心配無用です。

問題なく検索結果には表示されますのでご安心ください。

コメント