美人すぎるパーソナルトレーナーしかいないプライベートジム【EZIL】の口コミ・評判は?

【スマホ決済】オリガミペイとペイペイの比較【利用者向け】

【スマホ決済】オリガミペイとペイペイの比較【利用者向け】
2019年10月1日より、消費税10%に増税になりました! 同時に、消費税増税に伴うキャッシュレス決済によるポイント還元が実施され、キャッシュレス決済(スマホ決済)が注目されています。 あなたも一度は利用されたことがあると思います。 現在、「キャッシュレス決済」と一言で言っても、さまざまな種類があることをご存知ですか?
  • 電子マネー プリペイド型:楽天Edy、nanaco 、WAON など
  • 電子マネー ポストペイ型:iD、QUICPay など
  • 電子マネー 交通系ICカード:Suica、ICOCA、TOICA など
  • QR・バーコード決済:Amazon Pay、d払い、LINE Pay、Origami Pay、PayPay 、ファミペイ、メルペイ、楽天ペイ など
今回はその中でも「QR・バーコード決済」についてご紹介したいと思います。 先ほども挙げましたが、QR・バーコード決済では、主に下記のサービスが人気です。
  • Amazon Pay
  • d払い
  • LINE Pay
  • Origami Pay
  • PayPay
  • ファミペイ
  • メルペイ
  • 楽天ペイ
たくさんあるQR・バーコード決済のうち、
  • Origami Pay(オリガミペイ)
  • PayPay(ペイペイ)
の2つにフォーカスして両者を比較してみました! オリガミペイってなに?ペイペイと何が違うの?という方は、本記事をご覧いただくと2つの違いがハッキリとわかります。
先に結論:
・ 事前チャージの手間が面倒ならオリガミペイ
・ ポイント還元率で選ぶならペイペイ
・ 買い物時にポイント付与ではなく割引したいならオリガミペイ
・ 個人間送金したいならペイペイ

消費税増税に伴うキャッシュレス決済によるポイント還元とは?

2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元が実施されています。 2019年10月1日から2020年6月末までの間、対象店舗において、登録されたキャッシュレス決済でお支払いをすると、最大で5%のポイント還元を受けられます。
出典:https://cashless.go.jp/
出典:https://cashless.go.jp/
同じ買い物をするなら、現金払いではなく、ポイント還元のあるキャッシュレス決済のほうが断然お得ですよ。 オリガミペイとペイペイの違いについて詳しくご紹介します。

Origami Pay(オリガミペイ)とは

Origami Payは株式会社Origamiが運営しています。 2016年5月19日にサービス開始しました。 社名の由来は「『折り紙』は数少ない、海外に認知してもらえる日本由来のキーワードであるから」とのこと。 決済音を含め、サウンドブランディングは「サカナクション」が担当し話題になりました。 利用方法は2つ。 下記のいずれかにより、Origamiアプリのインストール時に登録した銀行口座またはクレジットカードを介して決済が完了できます。
  • ユーザー読み取り方式
  • 店舗読み取り方式

ユーザー読み取り方式(スキャンで支払い)

店頭のタブレット端末もしくはステッカーに表示されたQRコードをスマートフォンのカメラで読み取る方法です。

店舗読み取り方式(バーコードで支払い)

スマートフォンの画面に表示したバーコードを提示して、加盟店のPOSレジに連動したバーコードスキャナに読み取らせる方法です。 どちらの方式も事前のチャージは不要なので、レジでサッと支払いが可能ですよ。 利用者にとっては両者に違いはないため、お店側がどちらの方式に対応しているかによって使い分けることになります。

PayPay(ペイペイ)とは

PayPayはPayPay株式会社が運営しています。PayPay株式会社は、実はソフトバンクとヤフーの共同出資によって設立されました。 2018年10月5日にアプリ「PayPay」を公開し、サービス提供を開始しました。 アプリはPayPay専用のものの他、Yahoo!JAPAN IDを連携させる事で、Yahoo!JAPANアプリからも利用できます。 また、訪日中国人旅行者向けに、アリペイからの決済にも対応しているのが特徴です。 利用方法は2つ。
  • ユーザー読み取り方式
  • 店舗読み取り方式
です。

ユーザー読み取り方式

利用者がお店に置いてあるQRコードをスマホで読み込み、お会計金額を入力してお店の人に確認してもらい決済完了する方法です。 利用者が金額を入力しないといけないので、一手間かかってしまうのが難点です。

店舗読み取り方式

利用者がスマホにQRコードを表示させ、お店の人に読み取ってもらい決済完了する方法です。 金額の入力の手間が無いので簡単に支払いが出来ます。

オリガミペイとペイペイの比較

それではオリガミペイとペイペイは何が違うのか?それぞれ比較してみました!

精算方法の違い

オリガミペイ 即時払い(銀行口座)
後払い(クレジットカード)
ペイペイ 前払い(銀行口座)
後払い(クレジットカード)
オリガミペイは即時決済で銀行口座から支払いができ、ペイペイは前払いで銀行口座から支払い(チャージ)ができる点が異なる箇所でした。 事前にチャージする手間をかけて使い過ぎないようにするか、手間のかからない即時払いを選ぶか、がポイントになりますね。

主なチャージ方法の違い

オリガミペイ チャージ不可
ペイペイ 銀行口座、セブン銀行ATM、Yahoo! JAPANカード
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
Yahoo!マネー、1000円からオートチャージ可能
オリガミペイはそもそもチャージは不可です。

主な利用可能なクレジットカードの違い

オリガミペイ VISA、MasterCard
ペイペイ Yahoo! JAPANカード、VISA、MasterCard
オリガミペイもペイペイもJCB、AMEXなどは未対応のようです。

主な利用可能な店舗の違い

オリガミペイ サーティワンアイスクリーム、ヤマダ電機、ビックカメラ、LOFT、KFC、ローソン、ミニストップ、吉野家、松屋、ウェルシアなど。
全国120万店舗
ペイペイ セブンイレブン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン、スーパーアルプス、イトーヨーカドー、西友、ウェルシア、スギ薬局、マツモトキヨシ、牛角、吉野家、松屋など。
全国140万店舗
オリガミペイのほうが古参ですが、ペイペイはソフトバンクとヤフーの出資力を活かして取り扱い店舗を大きく増やしています。

個人間送金機能の違い

オリガミペイ 個人間送金は不可。ただし今後導入予定。
ペイペイ 個人間送金可能
ペイペイは早くから個人間送金機能を搭載しています。オリガミペイも今後導入予定とのことです。

会員登録料・取り扱い手数料

オリガミペイ 無料
ペイペイ 無料
オリガミペイもペイペイも会員登録料・取り扱い手数料は一切かかりません。気軽に利用できるので嬉しいですね。

ボーナスポイントの違い

オリガミペイ ポイントは無し。でも通常の買い物から割引になったり、店舗によって5%〜10%割引になるキャンペーンもあり。
ペイペイ PayPay残高:3%還元
Yahooマネー:3%還元
Yahoo! JAPANカード:3%還元
その他のクレジットカード:0.5%
オリガミペイはポイント制度を導入していないので、キャンペーンによって即時割引されます。ペイペイは支払い方法によってポイント還元されます。 どちらもクレジットカード支払いにすることで、クレジットカードのポイントも二重取りできるので、必ずクレジットカードを利用してお得に活用しましょう。

キャッシュレス決済(スマホ決済)の利用におすすめのクレジットカードのご紹介

先ほどご説明したとおり、スマホ決済はクレジットカード支払いにすることで、スマホ決済のポイント(割引)に加えてクレジットカードのポイントでも稼げるため、二重取りができます。 ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

ポイント還元率No1. オリコカード

年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率!7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元カードです。「オリコモール」活用で「Amazon」「Yahoo!ショッピング」「じゃらん」で還元率2.0%に! ETCカードも永年年会費無料なので、高速道路を良く利用される方にもおすすめします。 ブランドは、VISAとMasterCardの2種類から選べます。

楽天市場でポイント最大3倍!楽天カード

年会費無料で、楽天市場での買い物はいつでもポイント2倍・毎週金曜日はポイント3倍のクレジットカードです。街の加盟店で利用してもポイントが貯まります。通常還元率は1.0%なので、楽天ユーザー以外でも高還元率なのでおすすめします。 楽天ゴールドカードか楽天プレミアムカードもしくは、楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員の方は、ETCカードの年会費も無料です。 ブランドは、VISAとMasterCard、アメックス、JCBの4種類から選べます。

ドコモユーザー以外でも通常高還元率のdカード

年会費無料かつ通常還元率1.0%と高還元なdカードです。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフで、ポイント付与と合計すると常時5.0%の超高還元に!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードです。 ETCカードの年会費は初年度無料、2年目以降500円ですが、年1回でも利用すれば次年度以降も無料になります。 ブランドは、VISAとMasterCardの2種類から選べます。 ※「QRコード」は(株)デンソーウェーブの登録商標です。

おすすめカテゴリの最新記事