【コスパ◎】東芝スチーム式加湿器KA-W45-Wのレビュー

スポンサーリンク
買い物レビュー
スポンサーリンク
東芝のスチーム式加湿器<TOSHIBA KA-W45-W>はコスパが良く、加湿力も申し分ありませんでした。
みなさんこんにちは!
筋肉カメレオンです。

以前まで超音波型の加湿器を使用していたのですが、2つの理由から買い替えを検討していました。

  1. 発生するミスト量に対して加湿された感が弱い
  2. 冷たいミストなので若干部屋が冷えてしまう

そこで今回はスチーム式に絞り、東芝の「スチーム式加湿器<TOSHIBA KA-W45-W>」を購入したのでレビューします。

スポンサーリンク

加湿器の種類

加湿器には大きく分けて気化式、超音波式、スチーム式の3つの種類があります。

気化式の特長とは

気化式は、風によって水を蒸発させて加湿する方法です。扇風機を水に当て続けるイメージですね。

熱も発生しないですし、お湯も扱わないので小さい子供がいるご家庭には安心です。

ただ、加湿力は他のものと比べると劣ってしまいます。

その分お値段はお手頃なものが多いです。

安全性:★★★★★
加湿力:★★☆☆☆
価格:★★★★☆

超音波式の特長とは

超音波式は、超音波によって水を微細な粒子にしてミストを噴出することで加湿します。

振動する装置があれば良いので小型化が容易なため、卓上加湿器などはこちらの方式のものが多いです。

目に見えてミストが出ることもあり、加湿された感は気化式よりも強いです。

振動する部品が故障すると使用不可になってしまうため、メンテナンスが多少面倒ではあります。

安全性:★★★★☆
加湿力:★★★☆☆
価格:★★★★★

スチーム式の特長とは

スチーム式は、ヒーターによる加熱により湯気を発生させて加湿します。

3種類の方式のうち、一番加湿力が強いです。

また、水を加熱しているため、部屋の温度が下がりにくいというメリットもあります。

発生する蒸気が熱めなので小さな子供がいるご家庭では気をつけましょう。

安全性:★★☆☆☆
加湿力:★★★★★
価格:★★★☆☆

東芝「スチーム式加湿器<TOSHIBA KA-W45-W>」 のレビュー

こちらの商品は「スチーム式」の加湿器です。

良かったところ

給水タンクが、4リットルの大容量のため長時間の加湿ができます。

「自動」「強」「弱」の3種類のモードがありますが、自動なら10時間、強は7時間、弱は20時間以上の連続運転ができます。

強モードにすると中々の加湿力で睡眠中も喉の痛みが皆無になりました!

給水タンクも広口なので給水時に楽です。

価格も1万ちょいで購入できたのでコスパが良いですね。

ちょっと残念なところ

電源がマグネット式プラグで、万が一に足を引っ掛けても本体が倒れたりする心配はないのですが、磁力が弱くすぐに抜けてしまうのが気になりました。

さいごに

秋冬はインフルエンザ対策にも、喉の乾燥からくる風邪対策にも加湿器はとても重要です。

今回は、東芝の「スチーム式加湿器<TOSHIBA KA-W45-W>」をご紹介しました。

それでは。

 

扁桃炎対策についてまとめた記事もご覧ください。

重度の扁桃炎持ちが語る!つらい扁桃炎の対策のすべて【保存版】
扁桃炎で高熱が出やすく、色々対策を実施して少しでも防ぐようにしています。その方法のすべてをご紹介します。 みなさんこんにちは! 筋肉カメレオンです。 僕はここ数年、重度の扁桃炎持ちで、月に1回は41℃の発熱で3日間... [続きを読む]

コメント