最新コミックが600円分無料で読める<U-NEXT>

マクドナルドから1.7倍のマックフライポテト「グランドフライ」が発売!デブまっしぐら!【期間限定】

スポンサーリンク
ニュース
マクドナルドは、2019年1月16日から「マックフライポテト」や「コカ・コーラ」がLサイズを超えるグランドサイズになった「グランドフライ」「グランドコーク」を期間限定で全国のマクドナルド店舗で販売すると発表しました。
みなさんこんにちは!筋肉カメレオンです。

マクドナルドのマックフライポテトって美味しいですよね。誰もが毎回必ず注文する人気メニューです。

そのマックフライポテトの一番大きい「Lサイズ」を凌ぐビックサイズの「グランドサイズ」が発売されるとのこと。

わくわくが止まらない!

スポンサーリンク

「Mサイズ」の1.7倍のグランドフライ

外はカリッとゴールデンブラウン。中はホクホクとベイクドポテトのような食感。

おなじみのマックフライポテトの「Mサイズ」の1.7倍なのが、今回発表されたグランドフライです。

原産国やアレルギー情報、カロリーなどの栄養情報を見てみましょう。

原産国

主要原料:じゃがいも
原産国:アメリカ
最終加工国:アメリカ

最終加工国がアメリカということは、日本では最後に油で揚げているだけなのですね。アメリカのマクドナルド工場を見学してみたいです。

アレルギー情報

「牛肉」「大豆」:調理用揚げ油の原材料として使用しています

栄養情報

マクドナルドのウェブサイトにグランドフライの栄養情報が記載されていないため、便宜上Mサイズの1.7倍として計算しています。

標準製品重量:135g
エネルギー:697kcal
たんぱく質:9.0g
脂質:35.0g
炭水化物:86.7g
食塩相当量:1.3g
ナトリウム:559.3mg
カリウム:1524.9mg
カルシウム:30.6mg
リン:336.6mg
鉄:1.7mg
ビタミンA:0ug
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.05mg
ナイアシン:8.5mg
ビタミンC:27.2mg
コレステロール:15.3mg
食物繊維:8.1g

マックフライポテトは店員さんによって多少ボリュームの増減があるので、あくまで目安として考えましょう。

やはりかなりのカロリーと脂質ですね。筋トレしてバルクアップ食にも良いかもしれませんが、脂質が多すぎるのが気になるところ。

マックフライポテトは裏メニューとして「塩抜き」が選べるので、塩抜きにすると塩分はもう少し抑えられます。

レギュラーメニューの一番大きいサイズの「Lサイズ」と比較してみます。

レギュラーメニューのLサイズとの比較

・エネルギー
Lサイズ:517kcal
グランドフライ:697kcal

・たんぱく質
Lサイズ:6.7g
グランドフライ:9.0g

・脂質
Lサイズ:25.9g
グランドフライ:35.0g

・炭水化物
Lサイズ:64.3g
グランドフライ:86.7g

凄いです。これに加えてハンバーガー類も食べる人は多いので、1食で軽く1000kcalは超えますね。

恐ろしいぞマクドナルド!

でも美味しいんだよね。。

スポンサーリンク

グランドコーク

Mサイズの1.7倍のグランドフライに埋もれていますが、グランドコークも何気に凄いです。

こちらはMサイズの2倍とのことなので計算してみると、約650mlになります。大容量です。

スポンサーリンク

グランドセット

さらに、「マックフライポテト」と「コカ・コーラ」がグランドサイズになるお得な「グランドセット」を、すべてのバリューセット(Mセット)に+100円でアップグレードできます。

その際、ドリンクはコカ・コーラ以外にも下記から選ぶことができます。

「コカ・コーラ」「コカ・コーラ ゼロ」「スプライト」「ファンタグレープ」「ファンタメロン」「Qooすっきり白ぶどう」「爽健美茶」の7種。

これは嬉しいですね。

ダイエット中のかたや筋トレしているかたには、コカ・コーラ ゼロをおすすめします。(せめてもの抵抗!)

スポンサーリンク

グランドフライの販売期間

グランドフライ、グランドコークの販売期間は、「2019年1月16日(水)~2月上旬(予定)」とのこと。
人気次第では期間延長の可能性もありますが、1ヶ月に満たない期間なので是非期間中にお試しください。

それでは。

あなたにおすすめ!
ニュース食レポ
スポンサーリンク
筋肉カメレオンをフォローする
筋肉カメレオン

コメント