最新コミックが600円分無料で読める<U-NEXT>

辛旨!蒙古タンメン中本で五目蒙古タンメン(辛さ★6)を食べてきた

スポンサーリンク
食レポ
激辛ラーメン蒙古タンメン中本についてご紹介します。

みなさんこんにちは!
筋肉カメレオンです。

みなさんラーメンは好きですか?日本人なら全員好きですよね!
一日3食ラーメンでも良いくらい(言い過ぎ)。

蒙古タンメン中本といえば、とても辛いラーメンで有名ですね。久しぶりに食べてきたのでレポします。

スポンサーリンク

五目蒙古タンメン

  • 蒙古タンメンに冷し味噌ラーメンのスープと肉を加えた食べ応えのあるやや辛めの味噌ラーメン。
  • 価格:880円、辛さ:★6(通常の蒙古タンメンは★5)

通常の蒙古タンメンよりも少しだけ辛い「五目蒙古タンメン」にしました。
太めの麺に野菜と麻婆豆腐が乗っていて、まずは野菜から一口。

「うまい」

ピリッとした辛さもあるが野菜の甘みも感じられて美味しかったです。

丼の半分で野菜餡エリアと麻婆豆腐エリアが分かれていて、2度美味しいですね。

太めの麺も好みの味で食が進みます。

後半は辛さは耐えられるのですが、汗が止まらず汗だくになりながら食べきりました。

次は「北極」を試してみたいと思います。

スポンサーリンク

蒙古タンメン中本とは

Wikipediaで調べてみました。

蒙古タンメン中本の前身、中国料理中本(ちゅうごくりょうりなかもと)は1968年9月、板橋区に開店した。創業者は中本正(2014年3月6日没)で、屋号は創業者の姓を取ったものである。創業当初から中本は辛い料理を追求し、他店にはあまり見られないメニューを作り上げた。1998年12月に中本の健康上の理由により一旦は閉店となった。

中本の味に惚れ込んで、20年間も通い続けた常連客の白根誠は中国料理中本を継ぐことを熱望し、中本のもとで修行を始めた。そして2000年、中国料理中本は蒙古タンメン中本として再開した。現在は白根の経営する株式会社誠フードサービスが各店舗を運営している。

2008年頃からセブン&アイ・ホールディングスとの連携を強めており、同年11月に日清食品製造の「蒙古タンメン中本」ブランドのカップラーメンを発売したのを皮切りに、同ブランドのチルド麺・丼弁当などが同社傘下のセブン-イレブン、イトーヨーカドー等の店舗限定で全国発売している。なおカップ麺については店で提供するメニューに比べるとやや辛さを抑えており、また辛味オイルを別添とすることで辛さに慣れていない人間でも食べられるようになっている。「辛くてこってり」した味が好評で、冬場は有名店のカップ麺の中でも特に人気がある。

特徴は一味唐辛子を大量に加えた激辛スープと太い麺、および他店にはあまり見られないメニュー名にある。メニューの大半は辛い料理だが、辛いものが苦手な人や家族連れで来店した際に同伴の小さな子でも安心して食べられるように、全く辛くないメニューも少数であるが存在する。また、「北極ラーメン」や「冷し味噌ラーメン」などの極度の辛さのメニューには「初めての方はご注意ください」と警告文が併記されている。

スポンサーリンク

カップラーメンもあるよ

蒙古タンメン中本 辛旨味噌タンメン 118g 3個セット

あなたにおすすめ!
食レポ
スポンサーリンク
筋肉カメレオンをフォローする
筋肉カメレオン

コメント