ダンベルで筋トレして筋肉痛にならないあなたは間違っている!

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク
ダンベルで筋トレしていて筋肉痛にならないあなたは、ダンベル選びと筋トレ方法を間違えています。今すぐこちらの記事を読んでやりかたを変えてください。もったいない。

筋トレやってますか!?

筋肉はみなさんの一番の親友です!正しい筋トレ方法で鍛えてあげてください!

筋トレをしているという人から時々聞くのが、

「ダンベル使っても全然筋肉痛にならない」

というものです。それは間違ったダンベル選びか、間違った筋トレ方法を行なっている可能性があります。

スポンサーリンク

筋肉痛にならない間違ったダンベル選びとは

まず第一に考えられるのが、重量が軽すぎないか、ということです。

成人男性なら1kg〜4kgは軽すぎます。

成人女性でも1kg〜2kgでは軽すぎるでしょう。

軽すぎるダンベルでは100回でも1000回でもほとんど意味がありません。腕に負荷がかからないので筋肉痛にならないのは当たり前です。

筋肉に負荷をかけて筋繊維が傷つき、それを修復する際に痛みを感じるのが筋肉痛です。筋肉痛にならないほどの低負荷では筋肉も育たないでしょう。

逆にもし激しい筋肉痛になるのであれば、それは高負荷をかけすぎです。軽い筋肉痛程度がベストな筋肉痛度合いです。

それでは、どのようにダンベルを選んだら良いのか。

ひとつの基準があるのでご紹介します。

20回連続でダンベルカールが可能か

ダンベルカールとは上の写真のように、片手にダンベルを持ち、手首を自分の方に向けて腕を曲げる動作を行う筋トレ方法です。

ダンベルを使った筋トレで一番オーソドックスなものですね。ダンベルで筋トレと言ったらみなさんが思いつくであろう筋トレです。

そのダンベルカールを20回連続で行った時にどうだったか、それによって適した重さがわかります。

ダンベルカールを20回行い、

  • 全然余裕(あと100回でも可能)・・・ダンベルが軽すぎます
  • もう少しならできそう・・・ベストな重さです。無理なく適度な負荷で筋トレを行えます。
  • もう限界・・・ダンベルが重い可能性があります。悪くは無いのですが、あなたが筋トレ初心者であれば、もう少し軽いもので定常的に筋トレを行い、徐々に重量をあげていくほうが良いかもしれません。
  • 20回もできない・・・ダンベルが重すぎます。実はダンベルではなく、壇蜜ではないですよね?

いかがでしょうか。

軽すぎず、重すぎずちょうど良い重さで筋トレして、少しずつ重量をあげていくことをおすすめします。

いきなり超重量はケガのもと。無理せずに楽しく筋トレを行いましょう。

とは言っても、なかなか何個もダンベルを置くスペースが無い!とお嘆きのかたにおすすめなのが、重量を変えられる可変式のダンベルです。

これであれば、徐々に重量を上げていくことができるのでとても便利です。

筋肉痛にならない間違った筋トレ方法とは

筋肉痛にならないもうひとつの原因が間違った筋トレ方法を行ってないか、ということです。

重量が適していても、正しいフォームではなかったり、効かせたい部位にまったく負荷がかかっていなかったりすると、筋肉痛にはなりません。

例えばダンベルで腕を鍛えたいのに、背中や肩に負荷が分散してしまって、全然腕に負荷がかからないというようなことが良くあります。

きちんと鍛えたい部位を意識して筋トレを行なうと、そこに負荷がかかっていることがわかるのでおすすめです。

片手で筋肉を触ってみると動きが良くわかります。

初心者が行うべきダンベルトレーニング

あなたが筋トレ初心者であれば、次の3つを基本として行うことをおすすめします。

ダンベルカール

先程ご紹介したダンベルカールです。

ダンベルを手首側を自分に向けてダンベルを持ち、そのまま腕を曲げる動作を行います。立ったまま行っても良いですし、椅子や床に座ったままでも構いません。

主に力こぶの上腕二頭筋に効かせることができます。

ダンベル・トライセプスキックバック

椅子などに片手と膝をつき、ダンベルを持った腕を伸ばした状態から始めて、肩から肘までを身体に水平になるところまで腕を曲げる動作を行います。

ダンベルカールよりも高重量を扱いやすいです。

これは主に力こぶの反対側、腕の外側の上腕三頭筋に効かせることができます。実は上腕三頭筋は日常的にはあまり使われない筋肉のため、とくに上腕三頭筋に効くダンベル・トライセプスキックバックはおすすめです。

ダンベルフライ

仰向けになり肘を約45°曲げた状態でダンベルを手の平が内側を向くようにして胸の真上に構え、息を吸いながら腕を横に開いていきます。腕が広がったら少し止めてから腕を元の位置に戻します。これを繰り返し行います。

これは腕ではなく大胸筋の筋トレになります。

もしダンベルが2つあれば両手で行い、1つであれば片手ずつでも行えます。

上の写真のようにベンチがあればベストですが、一般家庭にはそんなものありません。

床に寝て背中にバスタオルやクッションを挟み、少し肩甲骨を浮かせて行うとベンチ代わりになるのでお試しください。

さいごに

ダンベルで筋トレをしていて筋肉痛にならない場合の対処法をご紹介しました。

ダンベルは筋トレの基本中の基本です。

正しい知識の元に楽しく筋トレを行いましょう。

コメント