運転免許証の写真は持ち込みできる!?使用条件等を確認してみた

スポンサーリンク
便利

運転免許証に使用される写真は、免許証の交付や更新の際に運転免許センターで撮影する方が多いと思います。
でも実は使用条件等を満たした写真であれば、持ち込んで使用することが可能なのです。

数年間も使用する写真で失敗したくないですよね。
そこで持ち込みできる写真のルールについて調べてみました。

スポンサーリンク

持参写真の使用条件について

どんな写真でも持ち込めるわけではありません。決められたルールがあります。適正写真でないと使用してもらえませんのでご注意ください。

適正写真とは

  • カラー、無帽、正面、上三分身、無背景、単一色
  • サイズ 縦3センチメートル×横2.4センチメートルの縁なし
  • 申請前6か月以内に撮影したもの

背景が極端な原色のもの、顔の輪郭や衣類などが背景と同化しているもの、粒子の粗いもの、ドットやジャギ-があるものなどは使用できません。

病気等の影響により普段から「かつら」や「ウィッグ」等を使用されている人は、その人個人を特定できる範囲であれば使用は可能です。事前に窓口でご相談ください。

不適正な写真の例

  • 不適正な写真例
  • 顔を傾けている
  • 正面を向いていない
  • 上三分身より大きい顔
  • 上三分身より小さい顔
  • 中心からずれている
  • 明るすぎる
  • 暗すぎる
  • 目が隠れている
  • 衣類で隠れる
  • スナップ写真
  • 幅の広いヘアバンド
  • 笑い顔
  • 目を細めている
  • 目線が正面でない
  • 背景と同化
  • 背景が同一色でない

その他の不適切な例

  • 不鮮明、変色、傷、汚れなどのあるもの
  • 瞳の大きさや色が違って顔の印象が変わっているもの
  • カラーコンタクトで眼の色が違っているもの
  • サングラス、マスクを使用していたり、変装したりして個人識別が容易でないもの
  • 合成写真または写真を修正しているもの
  • 写真専用紙で印刷していないもの
  • 写真のコピーは不可
  • グラデーションは不可
  • 洋服が見えず、裸に見えてしまうもの

さいごに

運転免許証の写真を持ち込む方法をご紹介しました。
持参写真による運転免許証の作成には時間が掛かります。時間に余裕を持って運転免許センターにて申請してください。

それでは。

コメント